さいちょうの開脳日記

さいちょうの開脳日記

うつ病とパニック障害を克服した筆者による、どん底から立ち直るための思考法。

【マウンティング】『嫌味』に対する最も有効な対処法

f:id:saichou:20200706190148p:plain

遠回しに人を傷つける人に、出会ったことはありませんか?

主婦は気楽で羨ましいわw

やだ、まだできてないの?w

お前は鈍感でいいよなぁw

 

一言でいえば、語尾に『w』がついてる感じのやつ。

 

もしかして・・・バカにされてる?

 

もう嫌味に、心揺さぶらせない。

 

 

テクニック1:見透かす

 

嫌味を言う目的は、ただひとつ。

 

あなたを遠回しに貶めることによって、相対的に自分が優位に立った気分になることだ。

 

つまり相手の嫌味とは、相手のコンプレックスそのものなのだ。

 

外見について攻撃してくる人は、その人自身が外見に対して強烈なコンプレックスを持っている。

 

自信がなく不安で仕方がないからこそ、なんとかして優位にあることを確認し、安心したいのだ。

 

彼らは、常に強迫観念に駆られている。

 

自分自身に納得がいかない、非常に可哀想な状態だ。これは同情に値する。

 

嫌味の裏に隠された相手のコンプレックスを、まずは見透かすところから始めよう。

 

テクニック2:褒める

 

相手のコンプレックスが見えたら、あとは簡単だ。

 

そこを褒めてやれば、相手があなたを攻撃する理由はなくなる。

 

外見なら外見。

お金ならお金。

職業なら職業。

 

相手が攻撃してきた項目こそ、相手が欲する部分だ。

 

そこを理解して、褒めちぎる。

 

相手の好感を買いつつ、嫌味を黙らせることができる一石二鳥のテクニックだ。

 

テクニック3:純真無垢

 

相手を褒めたくない場合は、純真無垢だ。

 

バカにされてるかな?と感じたら、言葉の深読みをやめてください

 

言葉は、言葉のままに理解し、手短に返答しよう。

 

その服、ちょっと派手じゃない?w

→うん、派手だね!(純真無垢)

 

ほんと羨ましい!w

→そう?ありがとう!(純真無垢)

 

どうしたらそうなるの?w

→どうしてかなぁ?(純真無垢)

 

相手:・・・

 

嫌味とは、相手に通じないと意味がない。

 

あなたが嫌味に気づかず、単にあなたを褒めた結果となれば、相手は何ひとつ気持ちよくない。

 

むしろ相対的に、更なる劣等感を感じることとなる。

 

相手はもう、あなたに対して嫌味を言わない。

 

テクニック4:『間』を恐れない

 

バカにされやすい人は、『間』を恐れている場合が非常に多い。

 

何か言われたら、気まずさを恐れて必要以上にヘラヘラしたり、しっかり考えずに返答してしまったりする。

 

なにその格好?w

→あはは、ちょっと変かな・・・?

 

これでは相手の思うツボである。

 

なにその格好?w

→・・・・・・・・・・・ユニクロのシャツに、しまむらのトレンチコートです。

 

相手は、遠回しにあなたを批判する『臆病者』だ。

 

すぐに折れない木には、攻撃しない。

 

返事は、じっくり考えていい。

 

『間』を恐れない人は、決してターゲットにされないのである。

 

さいごに

 

自己の承認欲求を満たすため、あなたを攻撃する人が存在します。

 

それって裏を返せば、『あなたに勝ちたい』って気持ちの表れなわけです。

 

つまり、嫌味を言われるということは、相手にとってあなたが『脅威』であるということ。

 

嫌味や妬みや悪口・・・

 

落ち込む必要なんか、ないんです。

 

それは、あなたが『輝いている』証拠。

 

さぁ、思う存分妬まれよう!


プライバシーポリシー/免責事項/お問い合わせ