ストレスは本当に「悪」なのか

「ストレスが体に悪い」というのは、いまや常識のごとく、広く認知されています。

 

しかし本当にストレスを、“悪者”と決めつけてしまっていいのでしょうか?

 

一度、立ち止まってみてほしいのです。

 

私たちの頭の中には、“ストレス=悪”の方程式が、すでに出来上がっています。

 

そのため、“ストレスを感じること自体”に、ストレスを感じてしまうのです。

 

つまりは、「なぜ自分がストレスを受けなきゃいけないんだ」という具合に、

 

「ストレスを感じている自分の状況そのもの」に、ストレスを感じてしまうわけです。

 

ストレス源→ストレス発生→「ストレスは体に悪い」→ストレスを感じていること自体に対するストレス発生→ストレス→ストレス…

 

このような悪循環にハマり、ストレスを、“雪だるま式に増強”させていきます。

 

すると、ストレスを感じた根本原因が解決したとしても、ストレスを“引きずり続ける”ことになるのです。

 

しかし、ストレスは本当に“悪”なのか。

 

仮に私たちがストレスを、“良いもの”と認識していたら…

 

ストレス源→ストレス発生→「ストレスは良いもの」→ラッキー!

 

このように、ストレスをきっぱり“断ち切る”ことができるばかりか、喜びすら、感じられてしまうわけです。

 

ですからそもそも、「ストレス=悪」の洗脳を解くことが、非常に大切なのです。

 

一切のストレスが存在しない世界を、想像してみてください。

 

外部からの刺激が、全くない世界。

 

音もなく、人もなく、課題もなく…

 

あなたにストレスを与える可能性があるものは、一切存在しません。

 

それはつまり、完全なる“無”です。

 

しかしここには、問題があります。

 

“ストレスがない”ということは…

 

“成長がない”ということなのです。

 

ストレスは、自分自身を成長させるための“気づき”を与えてくれます。

 

そもそもストレスを感じる大きな原因は、「自分にはこの状況を変えられない」という“思い込み”です。

 

つまり、“自分ではコントロールできないと考える領域”に対して、人はストレスを感じるのです。

 

例えば、

「断りたいのに断れない誘い」とか、

「他人が出す不快な音」とか、

「逆らえない相手の指示」とか

「キャパオーバーなタスク」とか…

 

しかし、本当にあなたは、これらをコントロールすることができないのでしょうか。

 

答えは“ノー”です。

 

“いかなる場合においても”、あなたは、「状況をコントロールすることができる」のです。

 

なぜなら人は、“変化することができる”から。

 

周りの人を変えることは、ほぼ不可能です。

 

しかし、自分自身の“とらえ方”や“選択”を変えることは、可能なのです。

 

ストレスを感じたら…

 

“同じ状況において二度とストレスを感じない思考”を身につけるチャンスです。

 

なぜ自分は、ストレスを感じたのか。

 

それを根本的に解決するには、どのように考え、行動していくべきなのか。

 

周囲ではなく、“自分自身の思考を変えること”に、フォーカスを当ててみてください。

 

真剣に向き合えば、過去には強烈なストレスを感じていた状況においても、涼しい顔をしていられるようになるのです。

 

つまり、ストレスに出会えば出会うほど、あなたは“ストレスから解放されていく”のです。

 

あなたの人生において、“いずれは解決しなければならなかった課題”を、ストレスは与えてくれます。

 

過剰に恐れる必要はありません。

 

ストレスに出会うことは、非常に“ラッキー”なことでもあるのです。

不安を解消するには「今」に意識を向けること

失敗したらどうしよう…悪いことが起きたらどうしよう…

 

不安や心配を感じやすい方は、「今」に集中することを、意識してみてください。

 

例えば、人前で話すことに不安を感じる原因は何だと思いますか?

 

「うまく話せなかったらどうしよう…」

「反応が悪かったらどうしよう…」

「緊張がバレたらどうしよう…」

「つまらないと思われたらどうしよう…」

 

個人差はあれども、こんなところではないでしょうか。

 

この通り、“不安”とは、基本的に“未来”に対して感じるものです。

 

そしてその根拠は、“過去の経験”に基づいていることが多いです。

 

つまりは、“実際はまだ起こっていない未来”に対して、“過去の失敗経験など”が起因し、人は不安や心配を感じるわけです。

 

これは言い換えると…

 

“今この瞬間には、何の問題も起こっていない”ともいえます。

 

つまり人は、「今この瞬間には何ら問題がない」にもかかわらず、

 

過去によって未来を“妄想”し、自ら不安感を“作り出している”わけです。

 

しかし当然ながら、過去は変えられないし、未来は予測できないもの。

 

いくら考えたり心配したところで、“無駄な領域にある”わけです。

 

私たちの人生というのは、“今、この瞬間”の連続でしかありません。

 

過去や未来とは、「今」が積み重なったことによる、単なる“結果物”に過ぎないのです。

 

あなたが今、抱えている不安。

 

それは過去がもたらす、未来への“妄想”ではありませんか?

 

ひょっとすると“今この瞬間”には、“何ら問題がない”のではないでしょうか?

 

もっと「今」に、意識を向けましょう。

 

私たちが生きられるのは、

“今この瞬間”しかないのですから。

人から「優しい」と言われるあなたへ

何を言われてもニコニコしていたり、体調が悪くても席を譲ったり、

 

明らかに相手に落ち度があるのに、「すいません」が口から出たり…

 

基本的に自分よりも、相手を優先して行動する。

 

そんな人はきっと、周りの人から「優しい人」と言われることでしょう。

 

しかしそれは本当に、“優しい”と言えるのでしょうか。

 

人からよく「優しい」と言われる方は、ぜひ一度、考えてみてほしいのです。

 

優しさの矢印とは本来、自分にとって“大切な人”へ優先的に向けるべきものです。

 

「内弁慶」という言葉がありますが…

 

外でいくら良い人と評価されても、より大切な家族や恋人に優しくできないのでは、本末転倒だと思いませんか?

 

人のエネルギーは、限られているのです。

 

優しさは“他人”よりは“家族”に、“店員さん”よりは“恋人”に、“見知らぬ人”よりは“友人”に。

 

そして究極的には、“自分自身”に向けることこそが、“最優先”なのです。

 

自分より他人を優先し続ける“自己犠牲的な優しさ”は、あなた自身に優しくすることと、両立することができません。

 

本当は泣きたいぐらい傷ついているのに、相手を優先して、ぐっと堪えて笑顔を作る。

 

相手の心を優先して、自分の心を傷つけていく。

 

果たしてこれが、「本当の優しさ」と言えるのでしょうか?

 

“自分に優しくあること”で生まれる“余裕分”でしか、本当の意味で人に優しくすることは、できないのです。

 

あなたにとって、誰よりも大切な人。

 

それは、“あなた自身”です。

 

自分自身に優しくすることは、各々の責任でもあるのです。

 

人から「優しい」と言われる人よりも、自分自身が“満たされている”ことで、「穏やか」と言われる人を目指しませんか?

 

その方が、ずっと魅力的だと思うのです。

夢を否定してくる人への対処法

やりたいことを話すと「無理」だとか「向いてない」だとか「厳しい世界」だとか…

 

ネガティブなことばかり言ってくる人に、出会ったことはありませんか?

 

これでは、せっかくウキウキしていた気持ちも沈んでしまいます。

 

「話さなきゃ良かった…」と感じるだけで済めば幸いですが、

 

無意識に相手の言葉に影響されてやる気を削がれ、夢を手放してしまうことも、少なくないのです。

 

このように、“夢を破壊する人たち”から身を守るには、どうすればいいのでしょうか。

 

あなたの夢を破壊する人は、意外とあなたの近くにいるはずです。

 

親や教師、上司や友人など…

 

彼らがあなたの夢を否定する理由は、“心配”もしくは“自己肯定”です。

 

例えばあなたが「起業して成功する!」と決意をしたとしましょう。

 

親は「あなたが苦労するのでは」という思いから、夢を否定してくるかもしれません。

この場合は、あなたを“心配”する気持ちが主な理由です。

 

一方で先生や上司や友人は、「夢を追う勇気がない(なかった)」自分自身の現状を肯定するため、あなたが夢に向かうことを、必死で止めるかもしれません。

 

つまりは“自己肯定”して安心したいばかりに、あなたが遠くにいってしまうことを怖れ、阻んでいるわけです。

 

理由がどうあれ、頭ごなしに夢を否定してくる人には、共通点があります。

 

それはあなたの夢を、

“実際に経験していない人たち”

であるということです。

 

つまり、“やったこともないくせに、知ったかぶりして引き止めている”だけなのです。

 

これって変だと思いませんか?

 

やったこともない人が、「大変だ」とか「厳しい世界だ」とか「君には向いてない」とか…

 

彼らが一体、何を知ってるというのでしょうか?

 

どうか、気づいてください。

 

彼らのアドバイスは、あなたの夢を語る上で、“一切アテにならないデタラメ”なのです。

 

一方で、実際に夢を叶えた“経験者”は、あなたの夢を頭ごなしに否定することはありません。

 

なぜなら事実「可能である」ということを知っているのですから。

 

夢を叶えた経験者でなくとも、絶えず成長を続けている人であれば、あなたの夢を頭ごなしに否定はしないはずです。

 

そもそもアドバイスとは、このような人たちに求めるべきなのです。

 

突き詰めれば、聞くに値するアドバイスとは、“彼らからしか得られない”のです。

 

あなたの夢を「無理だ」と否定してくる人の言葉は、このように解釈してください。

 

「無理だと決めつけているあなたには無理だけど、私には可能性がある」と。

 

あなたの夢を全否定する彼らには、夢を叶えることは確かに無理です。始める前から、諦めてしまっているのですから。

 

でも、あなたは違います。

 

「無理」と決めつけてしまう瞬間までは、「確実に可能性がある」のです。

 

どうか他人の何気ない一言で、あなたの可能性を、つぶさないでください。

 

“実際に夢を叶えた人”

“必死で自己肯定する人”

 

あなたが前者になりたいのであれば、アドバイスも、彼らに求めるべきなのです。

三日坊主を治すには、あえて三日坊主を目指すこと

最初はあんなに熱意に燃えていたのに、いざ始めてみると、もはや心が折れそう。

 

何をやっても、長続きしたためしがない…

 

自分は、なんて飽き性で、根性なしなんだろう…

 

そんなふうに思っているのなら、大丈夫。安心してください。

 

人ってそもそも、飽き性なんです。

 

飽きるからこそ、次々と新たなことを試して、発展してきたのです。

 

どんな人でも、どんな楽しいことでも、永遠繰り返していれば、“飽きる”。

 

当たり前なのです。 

 

しかし、続けたいのに続けられないとなると、それはそれで悩みもの。

 

実際あなたの周りには、物事を長く続けられる人も存在するはずです。

 

では、彼らとあなたとの違いは、一体何なのでしょうか。

 

それは、“距離感”です。

 

最初のうちから物事に“近づきすぎ”てしまうと、燃え尽きてしまうのです。

 

前のめりになって、全力投球してしまってはいませんか?

 

そもそも飽きる生き物なのに、「飽きずに続けるんだ」なんて力んでしまうと、飽きてきたときのショックに耐えられません。

 

最初と同じ楽しさが常に持続し、最初と同じ情熱が維持できなければ、モチベーションが下がってしまいます。

 

一方で“続けられる人”は、物事との距離感を保つのが、非常に上手いのです。

 

飽きることは想定の範囲内なので、「よそ見してもいい」ぐらいの気持ちで、力を抜いた状態で物事に向き合います。

 

すると逆に楽しむ余裕が生まれ、気づいたら案外、楽しく続いてたりするわけです。

 

多少の飽きを感じても想定通りなので、大きなショックも感じません。

 

この“絶妙な距離感を保つこと”こそが、“継続のコツ”なのです。

 

「やれやれ」と言われると、逆にやりたくなくなるのが人間の性。

 

自分自身に「続けなきゃ」「やらなきゃ」ってプレッシャーをかけると、楽しかったはずの作業も、一気に面倒な“宿題”に感じられます。

 

一方で、「やるな」と言われると、逆にやりたくなるのもまた人間の性。

 

一定の距離感を保つことで、自然と「やりたい」が引き出され、物事の魅力が持続し、ストレスなく継続できるようになるのです。

 

“あえて三日坊主”を目指しましょう。

 

「続けなきゃ」じゃなくて、「三日でやめなきゃ」と考えるのです。

 

あなたの中の情熱が、きっと再び目を覚ますはずです。

ストレスから解放される「グレーを認める」思考法

小さなことが気にかかり、イライラしてしまう…

 

神経質な自分に、疲れてしまう…

 

日常においてストレスを感じやすいのは、非常に“損”です。

 

真面目で正義感が強い方ほど、ストレスを感じやすい傾向にあるのではないでしょうか。

 

実は、私もそうでした。

 

ときに発狂しそうになるほど、常にストレスに悩まされていたのです。

 

それが今では、ストレスとは無縁の思考を身に着けたことで、生きることが非常に楽になりました。

 

その思考とは、

“グレーゾーンを認める”こと。

 

過去の私は“何が正しくて、何が間違っているか”に強くこだわり、

 

物事の本質を、「白」と「黒」の二択でとらえていたのです。

 

過去の私は、「絶対に間違っている」とか「絶対に〇〇だ」というように、“絶対”という言葉を、頻繁に使っていました。

 

「自分は“絶対”にメンタルの病気にはならない」とも思っていました。

 

しかしその後、重度のうつを経験することになります。

 

この衝撃が火種となり、私の中の“絶対”は、みるみるうちに、崩れ去っていきました。

 

そして、気づいたのです。

 

あんなにこだわっていた「白」でも「黒」でもない、「グレーゾーンにこそ、答えがあった」ということに。

 

何十年もの間、世間の常識とされてきた事実だって、新たな知見により覆されることは、めずらしくありません。

 

絶対ならないと思っていた病にかかり、壮絶な経験をすることも、ある得る話なのです。

 

そもそも“絶対”なんて、この世に“存在しなかった”のです。

 

「白 or 黒」で導き出した答えとは、“その時点でしか通用しない”、“いつ覆されるか分からない”性質のものであり、

 

突き詰めればすべての事象は、「〇〇かもしれないし、〇〇じゃないかもしれない」の一言で、片付いてしまうのです。

 

つまり、白黒にこだわることは、“無駄”なのです。

 

「あらゆる情報は、正しいかもしれないし、正しくないかもしれない。」

 

「相手の発した言葉の意図は、嫌味かもしれないし、気遣いかもしれないし、冗談かもしれないし、それ以外かもしれない。」

 

「相手の行動の意図は、嫌がらせかもしれないし、親切心かもしれないし、無意識かもしれないし、それ以外かもしれない。」

 

いずれにせよ、あなたにできる判断は、「〜かもしれない」というところまで。

 

いくら考えたところで、“グレーでしかない”のです。

 

気にするだけ、“無駄”なのです。

 

そう考えると世の中は案外、「どーでもいい」ことで、溢れているのです。

「プライドの高さ」は「メンタルの弱さ」に比例する

他人の評価にムッとしたり、過剰に負けず嫌いだったり…

 

自分の非を認め、謝ることができなかったり…

 

プライドが高い人は一見、精神的に強く見えがちですが、実は非常に、“メンタルが弱い状態”にあるのです。

 

実は私も、プライドが高い人間でした。

 

自分こそが正しいと信じており、謝ることも苦手で、自分に対する他者の指摘や評価に、カッとなることも…

 

当時はそんな自分が「強い」と、本気で思っていました。

 

しかし“強い自分”とは無縁だと思っていた、“うつ病”を患ったことで、気づいたことがあります。

 

それは、「プライドの高さは、メンタルの弱さに比例する」ということ。

 

言い換えると、「プライドさえ捨てられれば、最強だ」ということです。

 

プライドの正体とは、“弱い自分”を守るため、高く高く築き上げた、“心の要塞”でした。

 

当時の私は“謝らなかった”のではなく、“謝れなかった”のです。

 

相手の意見を受け入れ、自分の間違いを認めることが、“怖かった”のです。

 

負けを認めることが、“怖かった”のです。

 

自分に対する指摘や評価に傷つくことが、“怖かった”のです。

 

つまり、自分の弱さを相手に悟られぬよう、プライドの盾で隠して、必死にごまかしていたわけです。

 

果たしてこの状態を、「メンタルが強い」と言えるでしょうか?

 

そもそも人は、“弱い生き物”なのです。

 

あなたも。私も。悩みなんかなさそうな、あの人だって。悩んで、苦しんで、人知れず涙を流すことも、あるのです。

 

みんな“弱さ”を抱えながら、必死で生きているのです。

 

一方で、そんな自分の“弱さを知っている人”は、この上なく“強くもある”のです。

 

「真の強さ」とは、自分の心の“弱い部分”を認め、目をそらさずに、「さらけ出す勇気を持つこと」なのです。

 

例えば外から突然、爆発音のような音が聞こえてきたとしましょう。

 

人は弱いですから、誰しもが、恐怖を感じるはずです。

 

恐怖から必死で目をそらし、ヘッドフォンで耳を塞ぎ平静を装ってしまえば、

 

正体不明の音が消えるまで、あるいは音が消えたあとになっても、正体不明の恐怖に怯え続けることになります。

 

一方で、恐怖を感じる自分を受け入れ、ほんの少しだけ勇気を出して、窓の外を確認していたら…

 

そこには美しい、打ち上げ花火があがっていたかもしれないのです。

 

恐怖は、正体さえ確認すれば、みるみるうちに消え去っていくもの。

 

“弱い自分”を認め、“素直にさらけ出して”みてください。大丈夫。

 

あんなに怖かったはずの他人の評価も、「ごめんね」の一言も、勇気を出して素直に向き合えば、案外、どうってことなかったりするんです。

 

それだけでなく、美しい打ち上げ花火のように、素晴らしい景色にだって、出会えるかもしれません。

 

プライドで固めた“心の要塞”は、いずれヒビ割れ、崩れ落ちてしまいます。

 

殻を破り捨てて、楽になりませんか?

 

人はみな、弱いのです。

 

負けたっていい。

 

かっこ悪くたっていい。

 

泣いたって、いいんです。

 

世界にたった一人の“あなた”の価値は、何も変わらないのですから。